風評被害って何?経営者が知らなければならない必須事項

風評被害とは一体何か

風評被害とは一体何かと言われて答えに窮する人もいるかもしれません。そもそも耳にしたことがない人もいるでしょう。経営者になる上では知っておかなければならないのが風評被害であり、適切な対策を立てないと経営が成り立たなくなるリスクがあります。風評被害とは根も葉もない噂話が広まることによって起こる経済的あるいは精神的な被害です。いつの間にか知らないところで生まれていた噂話によって被害が生じてしまう可能性がある社会となっているのには注意しましょう。

誹謗中傷と風評被害の違い

風評被害とよく合わせて議論されるのが誹謗中傷です。誹謗中傷は悪意を持ってある企業や個人を貶めるために噂話をしたり、虚偽の情報を流したりすることです。これが噂話として広まっていき、実際に被害につながれば風評被害の一つとなります。しかし、必ずしも全ての風評被害が誹謗中傷から生まれているわけではありません。噂話を始めてしまった本人にどのような意図があったかにかかわらず、その噂話によって被害が生じてしまえば風評被害になるからです。

悪意がないからこそ対策が大変

悪意のある誹謗中傷の場合には最終的には犯人を特定することで罰することができるでしょう。しかし、一般的な風評被害については元を辿るのが難しいだけでなく、仮に辿れたとしても本人に悪意がないので裁きにくくなりがちです。リスクがある噂話が出てきた時点で摘み取っていくことが重要であり、特にインターネットによって簡単に噂話が広まるようになった現代社会ではインターネットを常に監視して対策しなければならなくなっています。

風評被害対策の料金の支払い方を学ぶうえで、需要の高い法律事務所の弁護士や司法書士などのサポートを受けることが大事です。