自分のこと、言われてる!?ネットでの誹謗中傷

気にしちゃう・・・ネットでの言葉

自分は悪いことしていない、なのに誹謗中傷をされてしまった。そんなことがある人もいるのではないでしょうか。毎日噂されていないか、ドキドキしながらネットを見るそんな日々を繰り返している人もいるのではないかと思われます。特に覚えの無いことや、やっていないことを言われてしまうと「やっていない」と反論したくなりますよね。でも、それをしてしまうと自分がそこを見ているのを気づかれてしまうため、黙視しておくことしか出来ない、とても苦しいですね。

自分が誹謗中傷されていたどうすればいい?

反論をすると面白がって余計にヒートアップするのが、誹謗中傷している人たちです。無視をしていればいずれ飽きて、ターゲットが別の人に変わるでしょう。特に自分が悪いことしていないと思う場合は、堂々としていればいいのです。信じてくれる友人や知人は数多くいると思います。その人たちを大切にしていれば、つらいとは思いますが乗り越えていけますよ。いわれのない誹謗中傷は、相手は暇つぶしや私怨で行っているものも多いため、無視をするのが一番です。

やられたらやり返したい、はダメ

相手にされたからと誹謗中傷を逆にしてしまうと、それによって傷つく人が増えてしまいますよ。自分が傷ついた場合は尚更、誹謗中傷をした相手と同じになってはいけません。今までは被害者だった自分が、加害者になってしまいます。誹謗中傷された経験を復讐に使うのではなく、自分は絶対にやらない、相手を傷つけることはしない、と考えたほうが、その時苦しかった自分も救われるでしょう。もしやり返したくなったら、もう一度自分を見直して、やられた相手の気持ちになってみてくださいね。

逆SEOの仕組みを把握するには、高度なコンピュータに関する技術が要求されるため、早期に依頼先を見つけることが重要です。